全英オープンゴルフ2022!いよいよ開幕!松山英樹も参戦

HOT

2022年7月14日(木)~7月17日(日)にかけて世界トップクラスのゴルファーたちが困難なリンクスコースに挑み続けてきた「全英オープンゴルフ2022」がスコットランドで開幕!!

広告
広告

全英オープンとは

全英オープンとはゴルフのメジャー選手権の1つであり、イギリスのゴルフ競技団体R&A主催で、毎年7月中旬に開催されるゴルフ選手権です。

世界最古のメジャー大会

メジャー大会の中で最も歴史、権威のあるトーナメントといわれ、
英語での正式名称は ” The Open Championship (直訳では オープン選手権)であり、
全英やゴルフという表現は含まれません。

今大会は150回の記念大会で、スコットランドにある世界最古のゴルフコース、セントアンドリュース オールドコースで開催されます。

世界屈指の難コース・・・

Twitterより

全英オープンの最大の特徴はゴルフの歴史的な原点に立ち返った人の手を加えない

「あるがままの自然の状態」

を残したリンクスコースです。フェアウェイと呼ぶのがはばかれるほどのアンジュレーションに富んだコース。そして壁面を干しレンガで垂直に切り立たせた深いバンカーにフェスキューを腰の高さまで伸ばした「あるがまま」のラフなど・・・

こういったコース特性は、全ての全英開催ゴルフコースで維持されています。
PGAなどのツアーで使われる、人の手を加えて作り上げられたゴルフコースとは全く異なり、しかも気まぐれな気候条件も特徴で天候が良い年は、「全英らしくない!」とさえ言われるほどです。



大会史上最高額の賞金!

Twitterより

今大会の賞金総額はなんと1400万ドル(約19億円)にアップ。これは1150万ドルだった昨年大会を22%上回り、大会史上最高額となります!

気になるこの大会の優勝賞金は……なんと250万ドル!日本円で約3億4000万円を手にすることになります!

ちなみに2位が145万5000ドル(約1億9788万円)、3位でも93万3000ドル(約1億2688万円)を獲得。理由としては150回の節目大会ということも背景に、大幅な賞金額アップが実現した形です。

メジャーチャンピオン 松山英樹も参戦!

Twitterより

日本からは、松山英樹をはじめ、今平周吾、金谷拓実、桂川有人、中島啓太(アマ)の5名が出場予定です。

全英オープンでの日本勢過去最高順位は、82年大会に倉本昌弘が記録した4位

日本勢過去最高4位の倉本昌弘 選手 Instagramより 

過去には日本勢全員が予選落ちといったこともあり、相性は決して良くありませんが記念大会ででの日本勢の活躍に期待します!

この歴史ある大会には、タイガー・ウッズローリー・マキロイなど世界中からトッププレーヤーが集結!

舞台は2022年7月14日(木)~7月17日(日)にかけてスコットランドにあるセント・アンドリュース・リンクス(St. Andrews Links)のオールドコース(Old Course)で開催。

半旗で安倍元首相に哀悼の意

Instagramより

1番ホールのグリーン奥のギャラリースタンドに設置された世界の国旗。その中で日本国旗が弔意を表す半旗になっています。大会広報は”7月8日に奈良市内で銃撃されて死亡した安倍氏への「哀悼の意を込めて」”と説明したそうです。

タイトルとURLをコピーしました