嵐・二宮「加山雄三さんの勇姿をみんなで見て」今年で”ラストサライ” 

HOT
Twitterより

日本テレビの夏恒例特番「24時間テレビ 愛は地球を救う」の制作発表会見が6月27日が行われ、メインパーソナリティーを務めるYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』二宮和也くん山田涼介くん菊池風磨くんが、それぞれ担当する企画の見どころを語りました!

Twitterより
広告
広告

メインパーソナリティのコメント

菊池風磨くん「ひたむきに練習を頑張っているので、その姿を僕も応援しながら一緒に頑張れたらなと思っております」と、トライアスロンに挑戦する女の子をサポートすることを約束。
菊池風磨くん「僕も練習に参加させてもらったら、自分の泳ぎを俯瞰で見れる装置があったんです。僕、水泳10年くらいやってるんですけど、自分のフォーム改善ができまして、すごい効率良く泳げるようになっちゃって、女の子もその僕の姿に若干引いてましたね」と照れている風磨くんに対し、
二宮和也くん「違うのよ、ロケの内容が。トライアスロンを応援するんだから、お願いしますよ」と注意されていました。

YouTubeより

山田涼介くん「今年の夏、人生を懸けて会いたい人がいるとおっしゃっていたので、その気持ちに僕も少しでも寄り添うことができたらなと思っております」と、体に麻痺が残る女性に会いに行く企画への意気込みを語りました。

YouTubeより

二宮和也くん「24時間テレビと言えば『サライ』でございますけど、先日加山雄三さんが発表された中で、やっぱりもう一度聴きたいなというのがこの番組に携わる者の願いでもありますので、そちらのほうを僕は見てくださる人と一緒に体験できたらと思います」とコメントしました。

YouTubeより

加山雄三さんのラストサライ

加山雄三さんが今年限りでコンサート活動を引退することから、『24時間テレビ』で「サライ」を歌うのは今年で最後
二宮和也くん「『サライ』が流れるのが1回じゃなくて何回流れてもいいと思うので、みんなでちゃんと加山さんの勇姿を見て、みんなで一緒に記憶に残せたらというのがありますよね」
EXIT・兼近大樹「僕は早めにゴールすれば見れますよね」と、マラソンでの最速ゴールへ闘志を燃やしていました!

サライを熱唱する歌手の加山雄三さん YouTubeより

”サライ”とは??

「サライ」は番組15年目の1992年(8月29日~8月30日)に加山雄三さんが「弾厚作」名義でギターで作曲。視聴者から集まったメッセージを谷村新司さんが代表作詞として取りまとめて誕生しました!この年以降は番組終盤に歌い続けられ、言わば番組のメインテーマ曲です!

会見に出席した番組サポーターの徳光和夫さんは「大変思い出深い。『始まりもあれば終わりもある』とおっしゃっていたので。そういう気持ちで歌っていただけるのでは」とコメントしていました。

YouTubeより
タイトルとURLをコピーしました