高橋恭平が芦田愛菜に懇願「僕ってすごい○○がお苦手なんで」

HOT
YouTubeより

映画『メタモルフォーゼの縁側』の公開記念舞台挨拶が6月19日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開かれ、芦田愛菜、なにわ男子の高橋恭平、宮本信子、古川琴音、生田智子、汐谷友希、狩山俊輔監督らが登壇しました!

広告
広告

映画『メタモルフォーゼの縁側』のストーリーは?

周囲の同級生と馴染めない高校生の佐山うらら(芦田愛菜)は、、唯一の楽しみが毎日こっそりBL漫画を読むこと。そんなうららの前に、夫に先立たれて孤独に暮らす市野井雪(宮本信子)が現れます。BL漫画がどういうものかも知らずに興味を持った雪に、うららがBL漫画のことを教えるうちに二人の間には友情が芽生えていき……。そして、友だちと呼べるような存在がいないうららですが、幼なじみの河村紡(高橋恭平)とだけは何の気負いもなく話すことができます。うららとは違って友だちも、彼女もいる紡なのに、何かとうららのことも気になり…。

(c)2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会

誕生日サプライズ

6月23日に18歳の誕生日を迎える芦田愛菜に、サプライズで大きなケーキが登場し、

「ありがとうございます!うれしい!」

芦田愛菜は新成人になるということで、共演者からは祝福のメッセージが贈られたました!

Twitterより

高橋恭平から芦田愛菜へのメッセージ

高橋恭平「アドバイスをするというより僕がアドバイスをいただきたい!」

「僕ってすごい勉強がお苦手・・・なんですけどー」

「いい勉強法とかあれば教えていただきたい。」

芦田愛菜「口に出して覚えるのが好きで、せりふとかも口に出して覚えてます」

高橋恭平「18歳…めちゃめちゃ寝てましたね。勉強やっておけばよかったです」

タイトルとURLをコピーしました