【最新2022】自慢できる!後悔したくない!おしゃれな内装リフォームのポイントを解説

新築やリノベーションのときに一番楽しいのは、「内装リフォーム」といっても過言ではありません。憧れのデザインが実現しそう!と考えただけでワクワクするものです。

とは言っても、内装のデザインの種類は数多くあり、いろいろ調べていくうちにかわからなくなって、悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報!

2022年最新のデザイン性を重視した内装リフォームのポイントを成功事例とともに解説していきます!

広告

内装リフォームの基本的な流れ

内装リフォームは業者に依頼する前に、自分の中で具体的なイメージを固めておくことが重要です。家族としっかり話し合って、「現状の不満な点はどこか?」「どの部分を改修するのか?」「予算はどのくらいにしようか?」などを決めておくと、いざ業者に依頼するときにとてもスムーズに進めていくことができます。

内装リフォームの簡単な流れがこちら!

①リフォームのコンセプトを決める

②予算を設定する

③リフォーム業者を選び見積りを依頼する

④依頼したい業者を決めて、契約する

⑤着工・近隣へのご挨拶

⑥完工・引き渡し

おしゃれな内装リフォームであれば、コンセプトの決定と業者選びはとくに重要になってきます。納得のいくお部屋を完成させることができるように、事前の準備は念入りに行いましょう!

好みのデザイン・テーマを見つけよう

SNSやネット検索で内装リフォームのことを調べると、さまざまなデザインやテーマが出てきます。北欧テイストをはじめカフェテイストモダンテイストなどなど。。調べれば調べるほど、どんな内装デザインにすればよいかわからなくなってしまい、余計に悩んでしまうこともあります。

まずは自分の好みの内装がどんなデザインなのかを知り、それに合わせてプランを決めていくのが良いでしょう。

内装デザイン 人気のテイスト集

●ナチュラル

Instagramより

ナチュラルテイストは、ウッドなどの自然素材をメインにし、シンプルに仕上げる内装。自然素材ならではの温かみを感じさせるリビングや、安らぎと優しさを感じる明るい部屋が好みだという方は、ナチュラルな雰囲気の内装にしてみましょう。

●モダン

Instagramより

シンプルなデザインが最大の特徴である、モダンテイスト。スタイリッシュな暮らしに憧れる方は、モダンスタイルを目指してみるのも良いかもしれません。暗めの色を壁紙などの内装材に使用することで、落ち着きのある空間に仕上がります。家具や照明などを工夫すると、和モダンにリフォームすることも!

●カフェ

Instagramより

まるでカフェにいるようなリラックスできる空間。おしゃれなキッチン家電や家具をあえて見せるデザインが特徴です。コンクリートの塗り壁も効果的で、部屋を一層おしゃれなスタイルに見せてくれます。

●北欧

Instagramより

北欧テイストは自然素材を使っていたり、自然をモチーフにした図柄を取り入れたりするなど、温もりが感じられることも特徴です。ナチュラルのなかにちょっとした遊び心を取り入れると、より北欧らしさが際立ちます。無機質な中に有機的な曲線や色を取り込むことを意識すると、部屋全体がすっきりとまとまりますよ。

配色を決めよう

私たちが普段何気なく選んでいる「色」は、組み合わせ次第でさまざまな印象を与えることができます。

そして「落ち着き」や「開放感」など、色が与える室内の印象も、配色によって変化します。

室内の配色を決めるときには「センスがないから心配」と悩まれる方も多いのですが、求める効果から配色を決めれば、どの色を選べばいいのか決めやすいですよ。

ブルーやグレーなどの寒色系の色は「後退色」と呼ばれ、まるで壁が奥にあるかのように錯覚させる効果があります。そのため、部屋に奥行きを出したいときにアクセントとして使われます。

またピンクやオレンジ、イエローなどの暖色系の色は「進出色」といわれ、視覚的な膨張効果があります。そのため、部屋にメリハリをつけたいときにおススメです。

Instagramより

室内全体を広く見せたいときには、白を中心とした「淡い色」で室内を統一してください。

壁紙はもちろんのこと、床材の色にもホワイトやライトグレーなどの淡い色を選べば、室内全体が開放感的なイメージになります。

Instagramより

室内を落ち着いた空間にしたいときは、天井の壁紙を濃い色にしましょう。目線の上に濃い色があることで、室内にほどよく圧迫感が出て、室内全体が落ち着いた雰囲気になります。

色はブラウンやグレーなどの、目に優しい暗いトーンがおすすめです。

ちょっと遊び心を出すのなら、木目調ヘリボーン柄などの柄物クロスを選べば、部屋のおしゃれ度がアップしますよ。

床の材質や張り方にこだわる

おしゃれな部屋にリフォームする上で意外と大切なのがフローリング。どのような床材を使うかによって、部屋の雰囲気は大きく変わります。木の質感にこだわった床であれば内装は全体的に柔らかな印象になりますし、石材を使えば高級感を醸し出すことが可能です。

床は面積が大きいぶん、コストにも響きやすいので、リフォーム会社とよく相談して決めるのがおすすめですよ。

照明を変えて部屋の印象を変える

細部までデザインにこだわった内装でも、照明器具ひとつで印象はガラリと変わってきます。光の色や明るさ、トレンドの間接照明、そして照明器具そのもののデザインなど、バリエーションは様々。

Instagramより

調光できるタイプの照明を選ぶと、雰囲気作りに便利です。作業をするときは明るく白い光、リラックスしたいときは少し暗めのオレンジの光など、使い分けができると、生活しやすい空間づくりにも役立ちます。

コーディネーターやデザイナーに相談

リフォーム会社には、インテリアプランナーなどの資格持ったスタッフが在籍している場合があります。「こんな部屋にしたい!」「あんなお店みたいにしたい!」などの要望に合わせて、細部までアドバイスをしてもらえるので、見栄えがよく、使い勝手のいい部屋を作りたい場合には断然おススメです!

インテリアの配置や色については「インテリアコーディネーター」に、設計をしてもらいたい場合には「インテリアデザイナー」。さらに、間取りなど建設的な面からもアドバイスをもらいたい場合には、「インテリアプランナー」に依頼しましょう。

まとめ

内装リフォームの基礎知識と基本的な流れ、そしておしゃれな内装デザインを追求するためのポイントを紹介してきました。おしゃれな内装をデザインしたいとお考えの皆様の背中を押すようなものになっていれば幸いです。まずは自分の中でしっかりとイメージを固め、業者に要望を遠慮無くぶつけて理想のお部屋を実現していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました